発達相談(発達テスト)2回目

先週のことになりますが、半年に一度の発達相談に行ってきました。

前回(過去)の記事はこちらです→
※前回はあまり詳しく書いてません(汗)

発達相談というのは、保健所の臨床心理士さんが
いくつかのテストをしながら、発達具合をみてくれて
アドバイスをもらったりするものです。

ここ最近始まったイヤイヤ期のせいか?
途中で飽きてしまって、上手く診断できなかった点がありましたが
半年前と比べると、ずいぶん成長したな~!と思う場面がありました。

ものの名前を全部言うことができたり
コップの中に隠したネズミさんを見つけることができたり
『あれ?こんな言葉知ってたんだ?』と思ったり^^

子どもの成長って、すごいな~と改めて思いました。


引き続き『1日30分、一緒に遊ぶ時間を作りましょう』という課題を出され
療育センターに行くかどうか迷っていることや
あしたばの会に行くか迷っていることなども相談しました。

療育センターについては、申し込んでから半年待ちくらいなので
とりあえず申し込んでみるのもいいかもね?という感じで。
あしたばの会の方は、春から幼稚園へ通うから
両方通うのは難しいんじゃないかな~と言われました。

でも、今できることをしてあげてほしい。
大きくなったとき、『あのときもっと○○していたら・・・』とならないように。

詳しくは聞けなかったのですが、その臨床心理士さんのお子さんも
発達障害があったみたいで
『うちの子もそうだったんですけどね~』なんておっしゃっていました。


ここ1カ月くらい、色々と忙しくて
息子と正面から向き合ってなかったかも。
あのときもっと○○していたら・・・なんて思いたくない!
そう思って、先週からまた、息子との時間を多くとるようにしています^^;

一緒に遊ぶ時間を増やす、公園に行って一緒に遊ぶ
こんな程度ですけどー^^;

あまり言いたくないけれど、夫が休みの日には
『○○と一緒に遊んであげてー!』と、お願いするようにしています。
もちろん、暇そうにしているとき限定で。

『一緒に遊んであげることが、大切なんだって』とか
色々と話しても、あまり実行してくれないので・・・つい。^^;
やっぱり、夫婦で協力するのって、大切ですもんねー!
お正月休みにも、ちょこちょこお願いしようと思います^^
[PR]
by yukari_nek | 2012-12-24 00:21 | つれづれ日記
<< 好きという言葉 トレーニングパンツ >>